スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

セグメント情報会計基準

企業会計基準委員会から、
「セグメント情報等の開示に関する会計基準(案)
「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針(案)」
が公表されました。

セグメント情報会計基準公開草案

従来より、セグメント情報は有価証券報告書上、連結財務諸表の注記事項として開示されてきました。これは連結財務諸表の数値を分割するという位置づけであったところ、この会計基準により、国際会計基準に合わせる形で、「マネジメント・アプローチ」という考え方による開示に転換するようです。


この「マネジメント・アプローチ」とは、経営上の意思決定の観点からのセグメント化という意味合いのようです。すなわち、経営上の意思決定をする上で使用している事業部、部門、子会社又は他の内部単位に対応する企業の構成単位に関する情報を提供することなどが、特徴とされています。
(これにより従来のセグメンテイションと大きく変更がなされるのかどうかは、より詳細に内容を吟味しないとよくわかりませんが。)


なお従来の情報に加えて、主要な顧客に関する情報や減損損失、のれんといった内容もセグメント別開示が必要となります。

スポンサーサイト

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

05 : 59 : 13 | 仕事で使えるこんな情報 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<監査法人トーマツでウィニーによる情報流失 | ホーム | 人事も経理も中国へ>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

イチオシ

本やサイトなど、今一番おススメのことをご紹介します。

****************************

「経理マン&経理ウーマンのためのネット活用術 ~便利なサイト紹介とお役立ちテクニック集~ 」

ネット活用術

昨年秋、私の書いた小冊子が発刊されました。

出版社:税務研究会

現在、改訂版を執筆中。この秋発刊予定です。

プロフィール

鎌田融彦

Author:鎌田融彦
税務会計に関する仕事で使えるITの知識・ツールには、どんなものがあるのか?
公認会計士/ITコーディネータが日々書き綴っていきたいと思います。

株式会社インフォプラザ
代表取締役社長
公認会計士・ITコーディネータ
鎌田融彦(かまたあきひこ)
インフォプラザ

お役立ち情報

<< 税務会計の本 >>

インフォプラザ~本情報

<< 税務会計の資格 >>

インフォプラザ~資格情報

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

タグ

ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。