スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

工事契約に関する会計基準(案)

「工事契約に関する会計基準(案)」及び「工事契約に関する会計基準の適用指針(案)」が公表されました。
企業会計基準委員会
(コメントは、平成19年10月1日(月)まで受け付けています。)


これは、つまり工事進行基準と工事完成基準の取扱いですね。
工事となっていますが、ソフトウェア開発もこれに従うことになります。

国際会計基準では、工事進行基準しか認めていないので、日本でも工事進行基準に一本化という話しでしたが、今回の基準案では、原則進行基準とし、条件を満たさない場合完成基準とするという取扱いになっています。

う~ん、これは国際会計基準と整合性を取った形なのだろうか?

ある会計士のサイトを見たら、整合性が取れていないとのこと。いろんな議論が噴出し、確定版はこれとは異なるかもしれませんね。



ご参考までに、進行基準適用に関しての概要を載せておきます。

工事進行基準を適用するのは、工事契約に関して、工事の進行途上においても、その進捗部分について成果の確実性が認められる場合であり、成果の確実性が認められるためには、(1)工事収益総額、(2)工事原価総額、(3)決算日における工事進捗度の各要素について、信頼性をもって見積ることができる必要がある。

(1) 工事収益総額の信頼性をもった見積り
 ① 工事が完成する確実性が高いこと
  1)施工者に当該工事を完成するに足りる十分な能力があること、かつ
  2)完成を妨げる環境要因が存在しないこと
 ② 当事者間の契約等において当該工事契約についての対価の定め(対価の額についての定め並びに、対価の決済条件及び決済方法についての定め)があること
(2) 工事原価総額の信頼性をもった見積り
 ① 工事原価の見積りが、実際に発生した工事原価と比較できる形で作成されていること
 ② 工事原価の事前の見積りと実績を対比することにより、適時・適切に工事原価総額の見積りの見直しが行われること





スポンサーサイト

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

06 : 58 : 58 | 仕事で使えるこんなサイト | TB(0) | Comment(2) | UP↑

<<思わぬメール | ホーム | タッチタイピング>>
コメント

でも、結局外注先に頼んで
現場の付け替えとか
しちゃうんですよね。e-263

管理者は予算超過を
指摘されるのがイヤだから。

建設業の本当の利益を
知るのは、本当に大変ですね。
by: ヨシザワ@手ガネ経営 * 2007/08/31 12:04 * URL [ 編集] | UP↑

>現場の付け替え

なるほどねぇ。そういうのが当たり前で来た業界でしょうからね。

ところで「中小企業の会計に関する指針」は、この会計基準採用後も完成基準と進行基準の選択適用に変わりはないのでしょうね。

by: かまた * 2007/09/02 17:53 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

イチオシ

本やサイトなど、今一番おススメのことをご紹介します。

****************************

「経理マン&経理ウーマンのためのネット活用術 ~便利なサイト紹介とお役立ちテクニック集~ 」

ネット活用術

昨年秋、私の書いた小冊子が発刊されました。

出版社:税務研究会

現在、改訂版を執筆中。この秋発刊予定です。

プロフィール

鎌田融彦

Author:鎌田融彦
税務会計に関する仕事で使えるITの知識・ツールには、どんなものがあるのか?
公認会計士/ITコーディネータが日々書き綴っていきたいと思います。

株式会社インフォプラザ
代表取締役社長
公認会計士・ITコーディネータ
鎌田融彦(かまたあきひこ)
インフォプラザ

お役立ち情報

<< 税務会計の本 >>

インフォプラザ~本情報

<< 税務会計の資格 >>

インフォプラザ~資格情報

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

タグ

ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。