スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

情報大航海プロジェクト

次世代型検索エンジンをつくろうという、経産省主導で進めているプロジェクトです。
情報大航海プロジェクト


その人がどこへ行ったか、何を買ったかという情報を携帯電話やICカードに収集し、そのデータからその人の趣味・嗜好を解析し、それに合った情報を提供してくれるという「プル型」情報検索です。

現在世界的に見ても、検索エンジンとして利用されているのはGoogleとYahoo。いずれも「プッシュ型」で自分でほしい情報を探しに行きますが、これとは対照的な検索方法です。

現在でも、amazonが以前購入した本やチェックした本を元に、「この本を買った人はこういう本も買っていますよ」と画面表示してくれますので、それの拡張版と考えると分かりやすいかもしれません。

この話しを知ってまず思い出したのは、トム・クルーズ主演、スティーブン・スピルバーグ監督作品の「マイノリティ・リポート」。
マイノリティリポート

「ジョン・アンダートンさん、こんな時こそギネス(ビール)をどうぞ」
と壁に映し出された広告映像が、トム・クルーズ演じる主人公に語りかけるシーンです。


近未来を描いたこの映画では、虹彩により各個人が識別される社会で、町を歩いていても電車に乗っても、その人が誰か特定されるので、そういった広告が提供されるというものです。

もちろんフィクションであり、そんな恐ろしい世の中は来ないはずですが、今でも街中広告だらけで、電車に乗ると改札、電車の車両(ラッピング広告)、社内のつり革広告、階段、小さなモニターによる広告などなど、時々目障りと思うくらいの広告が展開されています。

情報大航海プロジェクトによって出来上がる仕掛けは、例えば改札を通った時に、各個人個人に対し異なる広告を提示することが可能となるわけで、今の状況に拍車がかかるのは目に見えています。

それを開発・利用する側の企業にとっては、すばらしい仕掛けかもしれませんが、本当に消費者である個人にとって便利な仕掛けなんでしょうか?
そのサービスはいらないという選択ができるようにするとは思いますが、何か落ち着かない世の中になっていく気がしてなりません。

便利な世の中になるのは大歓迎ですが、その一方で人としての全うな生活を犠牲にしていくのだけは避けたいですね。
スポンサーサイト
09 : 31 : 06 | 日々の戯言 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<いきざま | ホーム | 思わぬところで>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

イチオシ

本やサイトなど、今一番おススメのことをご紹介します。

****************************

「経理マン&経理ウーマンのためのネット活用術 ~便利なサイト紹介とお役立ちテクニック集~ 」

ネット活用術

昨年秋、私の書いた小冊子が発刊されました。

出版社:税務研究会

現在、改訂版を執筆中。この秋発刊予定です。

プロフィール

鎌田融彦

Author:鎌田融彦
税務会計に関する仕事で使えるITの知識・ツールには、どんなものがあるのか?
公認会計士/ITコーディネータが日々書き綴っていきたいと思います。

株式会社インフォプラザ
代表取締役社長
公認会計士・ITコーディネータ
鎌田融彦(かまたあきひこ)
インフォプラザ

お役立ち情報

<< 税務会計の本 >>

インフォプラザ~本情報

<< 税務会計の資格 >>

インフォプラザ~資格情報

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

タグ

ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。