スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

EDINETの偽大量保有報告に対する対応策

先日このブログで触れた、「EDINETの偽大量保有報告」に対し、金融庁が再発防止策を取りまとめ公表しました。

「EDINET運用改善に関する論点整理」の公表について



2/20の日経新聞を読んでこれを知り、記事を読む限りでは否定的な感想を持ちました。
特に、「虚偽の疑いがある報告書をシステムで検出」という部分に対し、上手く検出するシステムの開発が課題という記事でしたので。


たしかに、システムで自動検出というのは言葉では簡単ですが、その精度や有効性を高めることは簡単ではなく、どういう作り方をするか非常に難しい問題です。

でも、「EDINET運用改善に関する論点整理」を読んで、金融庁が目指しているのは、このシステムの精度を高めることだけではないとわかりました。目指すところは、この自動検出システムを含めたトータルの対策です。

年間約2万件も大量保有報告書の提出があるそうで、ざっくり300日で割っても1日平均60~70件もの報告があるという計算です。全て人の手でチェックするのはあまりにも非効率であり、システムを介してフィルタリングしようというアイディアだと思います。


この検出結果は、迅速に財務局審査担当者に通知され、それを担当者がチェックし、証券会社などに照会して事実関係を調査するという形になるとのことです。
調査の結果、虚偽と判断されれば証券取引所の売買停止措置やEDINET上記載するなど、投資家へ情報提供する措置が取られるようです。

このように一連の仕組みづくりが今回の対応策のポイントですから、虚偽記載をすばやく見抜き早い段階で投資家へ情報開示するというのが重要になってきます。
今回のような誰が見てもありえないとわかるケースはいいのですが、巧妙に何度かに分けて取得したように見せかける手法をとった場合に対し、どこまで自動対応できるか限界があるでしょう。
とすると、このシステム自動検出は、疑いがあるものをある程度広く拾い上げてよいのではないかと思います。
いずれにしてもシステムによる自動化で完全な形をつくろうとするのは限界があり、最後は人の判断が必要不可欠なはずですから。


また日経新聞の記事で書かれているように、虚偽の可能性があると判断しても、どの段階でどういう形で公表するかという点など、運用上の課題も残されているかもしれません。
ですが一刻も早く、今後こうした不正が起こらない仕組みをつくり実施していってもらいたいものです。
スポンサーサイト
11 : 23 : 54 | 仕事で使えるこんなサイト | TB(0) | Comment(4) | UP↑

<<会計士のインサイダー取引 | ホーム | 工事契約に関する会計基準-公開草案に寄せられたコメント>>
コメント

鎌田さんのこのエントリーと過去のエントリーとニュースのリンクで、改めてこの「事件」の概要を知りました!(EDINET、テラメントという言葉自体は耳に入ってきていたのですが)

すごーくわかりやすかったです。感謝。

今までの報告のシステムは、性善説に基づいたものだったのですねぇ。。。
by: kimutax@税金まにあ * 2008/02/24 17:20 * URL [ 編集] | UP↑

kimutax@税金まにあさん

お返事すっかり遅くなりました。ごめんなさい。

>すごーくわかりやすかったです。感謝。
ありがとうございます。
税務については教えていただくことのほうが多いと思いますが、税理士としての周辺知識として参考になることを、継続的に情報発信できればと思っています。


by: かまた * 2008/03/01 07:06 * URL [ 編集] | UP↑

かまた様 おはようございます。

超ご多忙中でたいへんかと存じますが

v-238木村聡子先生のブログ『税金まにあ』への

コメント・投票お願い致しますv-220
by: 《緑の葉》 * 2008/03/02 06:11 * URL [ 編集] | UP↑

《緑の葉》さん

クリックしておきました!
現在トップは、いつの間にか私の友人がgetしていましたけど・・・・
by: かまた * 2008/03/02 22:26 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

イチオシ

本やサイトなど、今一番おススメのことをご紹介します。

****************************

「経理マン&経理ウーマンのためのネット活用術 ~便利なサイト紹介とお役立ちテクニック集~ 」

ネット活用術

昨年秋、私の書いた小冊子が発刊されました。

出版社:税務研究会

現在、改訂版を執筆中。この秋発刊予定です。

プロフィール

鎌田融彦

Author:鎌田融彦
税務会計に関する仕事で使えるITの知識・ツールには、どんなものがあるのか?
公認会計士/ITコーディネータが日々書き綴っていきたいと思います。

株式会社インフォプラザ
代表取締役社長
公認会計士・ITコーディネータ
鎌田融彦(かまたあきひこ)
インフォプラザ

お役立ち情報

<< 税務会計の本 >>

インフォプラザ~本情報

<< 税務会計の資格 >>

インフォプラザ~資格情報

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

タグ

ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。