スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

著書の守秘義務違反を問われ懲戒処分

この本です。

ライブドア監査人の告白ライブドア監査人の告白
(2006/05/26)
田中 慎一



日本公認会計士協会より、懲戒処分が発表されました。
(ちなみに以前読んで、こんなコメントを書いてます。)


処分の理由として、こんなくだりがあります。

=========================
その結果、守秘義務違反に関しては、LD及びその他の関係
個人の積極的な「了解」が得られているとは認められないが、本書出版時に事後の承諾を得られると判断する合理的な
理由があり、また、事後的な黙示の承諾も認められること
から、本書の出版に関する消極的な「了解」があったものと
認められるので、守秘義務解除の「正当な理由」がないとは
いえないと判断した。

しかしながら、他の公認会計士、公認会計士業界、他の
被監査会社、一般社会等いわゆる第三者との関係に
おいては、本書の出版行為が情報漏洩の不安や
監査人への不信感の発生により、我が国の公認会計士
監査制度に対する信頼性の低下を招きかねないと判断
されたので、公認会計士としての信用失墜行為に該当
するものと認めた。
=========================

確かにこの本が出た時、守秘義務違反にならないかと会計士の間では話題になりました。
しかしながら、守秘義務違反と判断できず、「信用失墜行為」により「戒告」処分がなされたというわけです。


各会計士個人個人に対し、会計士の社会的信頼性を意識すべしと、注意を喚起するためにこの判断をしたのでは?と思ってしまいますが、これはうがった見方なのでしょうか?

下手なことをブログで書くと同様の処分が下されるリスクがある、そう捉えてしまいました。
(もちろん、守秘義務は守らなければならないものではありますが)

スポンサーサイト

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

07 : 12 : 12 | 仕事で使えるこんな情報 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<IT業界における工事進行基準の適用について | ホーム | 年末調整がよくわかるページ>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

イチオシ

本やサイトなど、今一番おススメのことをご紹介します。

****************************

「経理マン&経理ウーマンのためのネット活用術 ~便利なサイト紹介とお役立ちテクニック集~ 」

ネット活用術

昨年秋、私の書いた小冊子が発刊されました。

出版社:税務研究会

現在、改訂版を執筆中。この秋発刊予定です。

プロフィール

鎌田融彦

Author:鎌田融彦
税務会計に関する仕事で使えるITの知識・ツールには、どんなものがあるのか?
公認会計士/ITコーディネータが日々書き綴っていきたいと思います。

株式会社インフォプラザ
代表取締役社長
公認会計士・ITコーディネータ
鎌田融彦(かまたあきひこ)
インフォプラザ

お役立ち情報

<< 税務会計の本 >>

インフォプラザ~本情報

<< 税務会計の資格 >>

インフォプラザ~資格情報

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

タグ

ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。