スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

EDINETの偽大量保有報告

テラメントという会社がソニー、トヨタ自動車、NTTといったメジャーな企業の「発行株式の51%を取得」したと発表したという問題が起きましたね。
ニュース

取得総額20兆円という内容なので、すぐにおかしいと気づいたわけですが、見方を変えると株を買われた企業が新興企業で金額的にも実現可能なレベルであったら、すぐには虚偽かどうかわからず株価が上昇して不当な利益を得ることができたであろうと思うとゾッとします。

EDINETを利用することで、迅速かつ低コストで情報開示ができるようになった反面、それを逆手にとって不正を働く輩が現れる。まさにネット社会の光と影ですが、だからといってこうした仕掛けが危険と後退するようなことは避けなければなりません。

不正を監視し、少しでもおかしいと思ったら注意を喚起するといった仕掛け作りが必要なのかもしれませんね。


どんな時代になっても、悪いことをして金儲けをしようとする人間というのは、いなくならないのでしょうから。

スポンサーサイト
07 : 07 : 20 | 仕事で使えるこんな情報 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

上海レポート その3(経済事情)

上海が発展してきていることを書いてきましたが、その光と影についても現地の方に話しを聞きました。

上海は今非常に富裕層が増えているそうです。そういう人が昨日書いたような高層マンションに住んでいるとのこと。
P1010396.jpg




その一方で、低所得者も数多くいて、まさに「二極化」が進んでいるようです。
好景気の影響で賃金は多少アップしたものの、物価上昇がそれ以上に進み、一年で物価が2倍になったとか。

裏では公務員が賄賂をもらって裕福に暮らしているらしく、どこかの国の「おねだり妻」を持つ元官僚のような輩がうじゃうじゃいるんでしょうね。

以前の共産主義で全て平等に与えられる時代から、資本主義の競争社会へと移り変わった結果こうなっているわけで、今の日本以上に勝ち組と負け組の差が大きいという印象を持ちました。
先日書いた、自転車でミネラルウォーターを運んでいる人なんか、どうやって生活しているんだろう?と気になりました。



P1010429.jpg

(写真は吉野家。味見する時間はありませんでしたが結構混んでました)
06 : 45 : 28 | 日々の戯言 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

上海レポート その2(開発進む中国)

今年は北京五輪の年。北京はちゃくちゃくと準備が進んでいるのでしょう。
では、上海は?

確かに五輪のマークは街中で多少見かけましたが、距離が離れていることもあってか、
ほとんど五輪ムードは感じませんでした。

昨今の中国株ブームでは、今年の五輪、2010年の上海万博があるから中国はますます発展するから買いといった触れ込みがありました。
ですので、万博に向けてそれらしいポスターなどが見れることを期待していました。
が、唯一空港で垂れ幕を見かけた程度で、全くと言っていいほど見かけませんでした。


とはいえ、やはり近代化が進む上海です。
先日テレビでも取り上げてましたが、森ビル建てている「上海ヒルズ」がこの春竣工します。
P1010397.jpg



ごらんのとおり、最上階あたりの一部を残しビル自体はほぼ出来上がり、内装工事中でした。
ただ、どこを見回しても「Shanhai Hills」なる文字は見当たりませんでした。
P1010415.jpg

492mだそうで、上海一の大きさになります。

この上海ヒルズのすぐそばには大きな河が流れているのですが、どこかの工事に使うのでしょう、砂や砂利といったものを運ぶおびただしい数の船が列をなして進んでいました。
P1010400.jpg


この河の東側の地域は、以前は農村地帯で橋もトンネルもなく取り残されていた地域だそうです。そこがここへきて一気に開発が進み、こうした上海ヒルズなどの高層ビルなどが立ち並び高級マンションも数多くできているのだそうです。

上海ヒルズの回りでも、建設中のビルが数多く見られました。
P1010414.jpg


2010年万博の中心施設もこの東側地域にできるそうで、
ますます高層ビルが立ち並ぶ地域になりそうです。
(ちなみに、西側も数十階建てビルがところ狭しと並んでましたけどね)



06 : 44 : 20 | 日々の戯言 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

上海レポート その1(交通事情)

結局上海ではバタバタしてブログを更新できずに帰国してしまいました。
そこで何回かに分けて、上海の様子をご報告したいと思います。

最初は、交通事情。

中国というと、自転車というイメージありませんか?
ところが今はやはり近代化が進んでますね。すっかり車社会でした。
日本車が多いというのは「やはり」という感じで、さほどインパクトがなかったのですが、なぜかフォルクスワーゲンのセダンが多かったのがびっくりしました。
タクシーの多くがこれだし、普通の自家用社にも多く見られました。
P1010393.jpg




次は地下鉄。

P1010424.jpg

都営新宿線のような感じですね。
特に興味深かったのが、社内に広告がないこと。
(よくよく考えると他の国の地下鉄って社内のつり広告はあまりなかったかも知れせんねぇ。
日本だけ特別なのかも。)
P1010427.jpg

ちなみに、料金は2駅乗って3元(約45円)でした。

そしてリニアモーターカーです。
P1010438.jpg


残念ながら日本製ではなくドイツ製。
日本が数十年かけて研究開発してきたのに、未だ実用化されていないのに対し、上海でこれに乗れるとは少し複雑な感じでした。

最高速度431kmに達した時のスピード感はやはり新幹線とは違います。
P1010450.jpg

100kmほどのスピードで並行して走る高速道路の車は、まるで歩いているかのよう。
料金は、50元(約650円)

駅は、たったの2つ!空港ともう1つだけです。さらに乗車時間はたったの7分!
一人で乗るんだったらタクシーよりは安いらしいですが、基本的に観光客以外は乗らないでしょうね。



おまけ
写真はありませんが、自転車ももちろんあります。
面白かったのは、最近オフィスなどでよく見かけるミネラルウォーターのボトルを10本くらい自転車にくくりつけて運んでいる人を何人も見ました。
water.jpg

こうした仕事で生計を立てている人もいるということですね。
(そのあたりのことはまた次回書きます)

近代的な部分と未だこれからという部分が混在している街、そんな印象でした。




06 : 28 : 23 | 日々の戯言 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

「中小企業の会計に関する指針」の改正に関する公開草案

「中小企業の会計に関する指針」の改正に関する公開草案が、日本公認会計士協会、日本税理士会連合会、日本商工会議所、企業会計基準委員会の連名で公表されました。


「中小企業の会計に関する指針」の改正に関する公開草案



主として
「棚卸資産の評価に関する会計基準」
「リース取引に関する会計基準」

に対応した会計処理の見直しを取り込んだ改正です。
2/1までにコメントを募集し、それらを反映した上で正式版が公表されます。

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

15 : 20 : 01 | 仕事で使えるこんなサイト | TB(0) | Comment(0) | UP↑

上海へ行ってきます

久しぶりの更新ですね。

昨日メルマガでもお知らせしましたが、明日から上海へ行ってきます。
2泊3日の短期間ではありますが、取引先からご招待を受けたのでいろいろと見てこようと思います。

北京五輪が終るまであまりクローズアップされないのでしょうが、2010年に上海で万博が開かれることが決まっており、それに向けて街全体が建設ラッシュなど、活気図いている気がします。

その当たり写真もとりつつ、明日以降アップしてみようと思っています。

07 : 17 : 19 | 日々の戯言 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

「脳を活かす勉強法」

NHKの「プロフェッショナル」で、ゲストコメントに対して脳科学からの見地から補足のコメントが好きで、茂木さんのファンになってます。

ですので、贔屓目に見ている感はありますが、参考になる本でした。
脳を活かす勉強法脳を活かす勉強法
(2007/12/04)
茂木 健一郎




他の本でも見る話しですが、決めた時間内に終らせることを意識すること(これをこの本の中では「タイム・プレッシャー」と言っています)が大事だそうです。
この場合、プレッシャーをかけることでドーパミンが分泌されるんだとか。

また朝勉強したり仕事すると、はかどるという話しがありますが、この時間帯が「ゴールデンタイム」だそうで、脳の中身が寝ている間にクリアされているため効率的なんだそうです。

話しの内容自体は、他で読んだことがある話しが多いかもしれませんが、それを脳科学の見地から裏付けられると説得力ありますね。


あと参考になった話しがこちら。
人生を豊かにするには、安全とチャレンジングのポートフォリオをどう行うかだそう。
きちんとした自分が確立されていれば、それが「安全基地」となってチャレンジできるのだそうです。
また、部下にチャレンジさせたいと思えば、しっかり見てあげているよ、君がどんな仕事をしているか心に掛けているよといったメッセージを送り続けることで「安全基地」を与えればよいとのこと。
子供に関して言えば、子供が何かチャレンジしようとする場合に見守ってあげることで後ろからそっと支えることが「安全基地」になるそうです。(過保護とは全く違う意味です)

09 : 18 : 07 | 最近読んだ本 | TB(0) | Comment(1) | UP↑

会計事務所が銀行代理業務を開始

岡山県の会計事務所が銀行代理業の営業を始めたそうです。
会計事務所のボランタリーチェーンである「Tax House」がバックにいます。


ちなみにこの会計事務所の銀行代理業の話し、以前税理士の卵である、徳留新人さんから聞いていました。



会計事務所の差別化という点で、今後この形が増えるかもしれませんね。




08 : 59 : 46 | 仕事で使えるこんな情報 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

友人からの連絡

会計士受験仲間であり、いち早く独立開業した友人からメールをもらいました。
彼とは年賀状のやり取りは続けているものの、10年以上会っていません。

今年からブログを始めたということでリンクを貼ってほしいと。


さっそくリンクを貼りましたが、会計事務所として14年のキャリアがあるので、税務関連を中心にいろいろ参考となる情報を提供してくれることと思います。


ぜひチェックしてみてください。

小松会計事務所
小松会計


近々銀座のオフィスを訪ねてみようと思ってます。
08 : 28 : 29 | 気になるブログ | TB(1) | Comment(0) | UP↑

EDINET変更に伴う監査人としての当面の対応について

EDINETの変更に関して、金融庁から監査人に向けての依頼を公認会計士協会が公表しています。
JICPA-edinet.jpg

EDINETという電子開示システムをご存知でしょうか。以前も取り上げたことがありますが、上場企業の有価証券報告書等をここで閲覧できます。


今年4月から財務諸表部分がHTML形式からXBRL形式に変更になります。
その際、金融庁の公表したEDINETタクソノミという標準的なひな型にしたがって財務諸表を作成する必要があるのですが、ここで指定された勘定科目に不足がある場合追加することも可能です。


ただし、他社との比較が容易にできるよう、勘定科目の追加は必要最低限となることが望まれます。
また、その追加処理自体に誤りがないようにしなければなりません。
このあたりを監査人から関与先企業に対し働きかけるよう、金融庁から依頼があったわけです。



中国では、勘定科目が国によって規定されているそうです。
日本では、基本形は決められているもののある程度の自由度がありましたが、今後「比較可能性」というのを重視して、共通科目へと集約されていくのではないでしょうか。
その先は、国際会計基準として、世界的な統一化へと進んでいくはずです。
(ちなみに、あくまでも財務諸表への表示科目の話しで、伝票起票上の勘定科目は別です)
まだまだ時間がかかるとは思いますが。

07 : 10 : 57 | 仕事で使えるこんなサイト | TB(0) | Comment(0) | UP↑

新年明けましておめでとうございます

今年も当面、更新が途切れ途切れになるかとは思いますが、できる限り「会計とIT」というキーワードでお役立ち情報を発信していこうと思います。


今年もよろしくお願いします。

08 : 05 : 33 | その他 | TB(0) | Comment(4) | UP↑

| ホーム |

イチオシ

本やサイトなど、今一番おススメのことをご紹介します。

****************************

「経理マン&経理ウーマンのためのネット活用術 ~便利なサイト紹介とお役立ちテクニック集~ 」

ネット活用術

昨年秋、私の書いた小冊子が発刊されました。

出版社:税務研究会

現在、改訂版を執筆中。この秋発刊予定です。

プロフィール

鎌田融彦

Author:鎌田融彦
税務会計に関する仕事で使えるITの知識・ツールには、どんなものがあるのか?
公認会計士/ITコーディネータが日々書き綴っていきたいと思います。

株式会社インフォプラザ
代表取締役社長
公認会計士・ITコーディネータ
鎌田融彦(かまたあきひこ)
インフォプラザ

お役立ち情報

<< 税務会計の本 >>

インフォプラザ~本情報

<< 税務会計の資格 >>

インフォプラザ~資格情報

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

タグ

ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。